トピックス

【オーストラリア】知的財産権法の改正案が発表

2018年04月

オーストラリアにおいて、知的財産権法の改正案が政府より発表されました。商標について大きな改正点は以下の2点です。

  1. 不使用取消期間の短縮
  2. 現在5年以上の不使用期間を理由に登録商標を取り消すことが可能ですが、この不使用期間が3年に短縮されます。

  3. 真正な並行輸入品の商標権侵害を否定
  4. オーストラリアでは、真正な並行輸入品が商標権侵害となるか、長年の間議論されてきましたが、最高裁判所が明確に商標権侵害を否定したことを受けて、真正な並行輸入品は商標権侵害とならない旨が法に明記されることとなりました。

    この改正法がいつ採択されるかは不明ですが、予想では2018年の5月から6月に行われる国会の場において採択される見通しとなっています。

    [出典:Spruson & Ferguson]

このページの先頭へ