トピックス

【フィリピン】使用宣誓書の提出にかかる規定の変更

2017年09月

フィリピン知的財産局が使用宣誓書の提出にかかる規定の変更を発表しました。
それによりますと、各出願人、商標権者は使用宣誓書を、

  1. 商標登録出願から3年以内、
  2. 登録日から5年経過した日の1年以内、
  3. 更新日の1年以内、
  4. 更新日から5年経過した日の1年以内、

に提出する必要があります。
つまり、登録後は5年毎に使用証拠とともに使用宣誓書の提出が義務づけられるようになりました。
また、上記3)の提出義務は2017年1月1日以降に更新期限を迎える登録商標についてのみ適用されます。


関連URL(IPOPHL):
http://www.ipophil.gov.ph/images/2017Uploads/IPOPHL-Memorandum-Circular-No.-17-010-Rules-and-Regulations-on-Trademarks-Service-Marks-Trade-Names-and-Marked-or-Stamped-Containers-of-2017.pdf

[出典:特許庁]

このページの先頭へ