弁理士

商標法は、特許法とはその制度内容が大きく異なり、独特の制度も存在します。そのため、出願内容の決定や意見書の書き方など、特許とは異なる知識や経験、テクニックが必要です。当所では、質の高いサービスを提供するため、商標に関する業務を専門に扱う弁理士がすべての手続を行っています。

担当弁理士

このページの先頭へ